月別アーカイブ: 2015年10月

アトピー・便秘の子供を持つお母さんへ

こんにちは、あなたの便秘解消、体質改善を応援する
愛媛の腸セラピスト松田ちあきです。

さて、今日のテーマは
『アトピー・便秘の子供を持つお母さんへ』です。

『腸もみ教室』を開催すると、子供がアトピーなんです。
腸と関係ありますか?と質問される事が沢山あります。
なので、今回このテーマに決めました。

『ずっとアトピーと付き合っていくのは可哀想』
『自分(親)もアトピー体質だから仕方ない』
『治療しても良くならない』
『なんとかしてあげたいけど、方法がわからない』
『便秘が酷く、30分もトイレにすわっている』
『排便時の痛みで便意を我慢してしまう』

そんな辛そうな我が子を見ていると
代われるものなら代わってやりたい!と思いますよね。

そんなお子様に共通しているのが
・寝起きが悪い、機嫌が悪い
・午前中ボーッとしている
・コントロールできないイライラ
・集中できない
・やる気が続かない
・食べ物の好き嫌いが多い
・いつも鼻水、鼻づまり

いかがですか?いくつか思い当たる事がありますか?

思い当たるあなた・・・

お子様のお腹をやさしく触ってみてください、
きっと硬いはずです。

お腹の状態とアトピーの関係について2つの角度からお話します。

1、お腹は、自律神経で動いています。
お腹の張りはバランスが崩れている証拠です! 
アトピー体質は副交感に傾きすぎた状態です。
張りつめたお腹では、消化や吸収が上手くいかず栄養失調になってしまいます。
お腹だけがポッコリしてませんか?
弾力のないお腹は皮膚の入れ替わりが遅く、
古い角質が留まり雑菌の餌となり広がり悪循環になります。

2、お食事やおやつの内容
いの一番にやめる食品は砂糖!炭水化物!いわゆる糖質です。
糖質は腸や体はもちろん、気持ちの持ち方にまで影響が出ます。
糖質の過剰摂取でカンジダ菌が増殖し、腸壁を薄くして、
未消化の栄養が小腸から出入りし、
それらが様々なアレルギーや痒みの原因になります。
血糖値の急上昇、急降下により、イライラや落ち込みを繰り返し、
甘いものを手放せなくなり自分で気持ちのコントロールが出来ない状態になります。
本来のやりたい事が出来なくなり、そのじれんまに苦しむ事になるのです。
そればかりかではなく、砂糖を消化する為にビタミン、ミネラルカルシウムなどの栄養素を消費します。
結果どうなるか!わかりますよね、
糖質には元々栄養が無いうえに、更に栄養素を消費する栄養失調状態になるのです。

『このこの性格だから』ではなく、身体の反応なのです。

この様な症状
・寝起きが悪い、機嫌が悪い
・午前中ボーッとしている
・コントロールできないイライラ
・集中できない
・やる気が続かない
・食べ物の好き嫌いが多い
・いつも鼻水、鼻づまり
アトピーと関係があるとは、普通は気づくことができず
別々の問題として、あなたの頭を悩ませる事でしょう。

しかしそれらは全て繋がっていて、腸に問題がある!可能性が非常に高いのです。

早く気づいて、対処してあげたいですよね。

アトピー改善!腸を元気にする具体的な方法です。
1、お腹のマッサージ
仰向けに寝るて膝を立て深呼吸をしながら、のの字に優しくなでる。1日15分 空腹時に行う。

2、お砂糖、粉ものの、控える
現在沢山砂糖を食べさせているお子さんに、
急に砂糖をキッパリ止めさせるのは、難しいですよね。
なので、先ずは、冷蔵庫のあるジュースを減らしていきましょう!
徐々に除去していき、3か月後には家の冷蔵庫には、お茶か水だけに移行していく。
おやつの内容も甘いものを徐々に減らしていくことが大切です。
食事を和食中心にし、パスタ、うどんなどの粉物を減らしていきましょう!

食事制限を子供に??と思いますよね。
アトピーの大きな原因の一つ『腸壁』!
これを修復するためなので、期間限定です。

大人がアトピーを改善するよりも、長期間かかるかもしれません、
なぜなら糖質依存が激しいと予想されるからです。

でも、気を落とすことはありません。
1年、2年かけてでも、確実に内側から改善される方が、
症状を押さえる治療を続けるよりも、
結果的にアトピー改善の近道になるのです。

先ずは、便秘を改善する事からはじめましょう!

Fuwaka松田ちあき

NEC_0453

IMG_20150614_205129